藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。気分変調症と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

ひとまずのスタート

メイクの勉強の為の教材や道具が届きました。

まだ全てではないのですけど、一応お勉強がスタートできます。

私は書いて覚えるタイプの人間なので、教科書に書いてあることをノートに写していくのが基本のお勉強スタイルです。

しかし、それだけでは不十分。

人にメイクを施すのも勉強です。

一応、祖母にモデルになってもらうので明日から色々と試させてもらうつもりでいます。

しかし、この時期辛いのが手汗。

私はなんだか手汗が多いので、シャーペンとか握っていると汗をかいてしまい

また、ノートに手を付けていても手汗でノートがヘロヘロになってしまうので

どうでもいいことかもしれないけれども気を使います。

まだ、教科書を広げたり、メイク道具を広げてみただけなので

口紅とかシャドウとか使った感じは分からないのですけど

メイクを施す前には一度自分の顔とか手で試してみないと。

あと、メイク道具を仕舞って運ぶバックも探さなければなりません。

今アマゾンとか頻繁に見てはいるのですけど、まだ道具も届く予定なので

バックを買うのは来週以降になりそうです。

それまでは段ボールの中に入れておくしかないのでちょっとかわいそう。

メイク道具を入れるバックも探し始めると色々あるので迷います。

まあ、道具が問題なく入ってくれればいいんですけど。

困ったことが有れば、知り合いに聞くことが出来るので度々相談に乗ってもらっています。

既に資格を持った人、経験者が近くに居るというのは割と心強い。

 

明日は、必要そうな道具をまた買い物に行きます。

綿棒とか、書類を入れるバインダーとか、色々。

一応、髪留めのダッカールとかコットンは買っておいたのですけど

綿棒は買わなかったし、バインダーも紙の大きさが分からなきゃ買えないものだし。

まだまだ細かい出費はありますが、まあこんなものなのでしょう。

明日から勉強漬けだと思うとワクワクします。

覚えることが多いって楽しいですね。