藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。気分変調症と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

ブラック

昼寝から起きまして、教科書読む気にもなれずブログを色々見ていました。

その中に、精神病を患っている方のブログが有ったので読んでみたのですが

何というか、とても気分が落ち込んだ。

暗い内容というよりか、世間に対する苦情のような内容だったのですけど

そんな事、書かなくてもいいのにな、と思うのです。

まぁ、私も落ち込んでひどい事をブログに書いたりしているので人の事言えませんけど

書くならもう少し言葉を考えたら?と思ってしまうのです。

読んで落ち込みました。

あんなブログを読む度、落ち込んで悲しくなるのなら読まなきゃいいのに、とも思われそうなんですけど

全くその通りだとも思いますが。

そのブログのコメントに批判するような事書かなくて良かったなと思います。

落ち込んで、怒りに似た感情を抱いて中傷するような事書いたら私も同じですもんね。

なんとか我慢してコッチに愚痴書いてます。

完治しない病と付き合わなければならない苦痛は私も少しは分かっているつもりですが、そうで無い人達に文句を言いたくは無いです。

まぁ、今の自分がかなり恵まれた場所に居るという自覚もしなければ成らないのでしょうけど。

私の病について共感や理解をしてくれない家族も居ますが日常的に付き合わなければいけない距離に居るわけではないので助かっています。

面と向かってひどい事を言われたりもあまり無いのであのブログの筆者さんの事を理解はできない部分もありますけど、

でも、あんなブログを書く人間にはにはなりたくない。