藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。統合失調感情障害と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

コンビニごはん

体重54kg

増えましたー。

お菓子を2日連続バクバク食べていたからでしょう。

クラッカーにピーナッツクリームが挟まれたお菓子が美味しいのです。

つまんでしまっています。

早く祖父の胃袋にすべてが収まることを祈りつつ、今もつまんでおります…

今日は祖母が一日がかりのお出かけなのでコンビニご飯です。

朝は昨日の残りの豚汁

お昼はコンビニで購入した白菜のチョレギ風サラダとヨーグルトにカロリーメイト

おやつにクラッカーつまみつつこれもコンビニで購入したライザップキャラメルラテを飲んでいます。

このライザップのラテ、一口目は美味しかったのですけど飲んでいるととってもサラサラ。

糖質50%カット、脂質0だそうで、そういう商品にありがちなさっぱり感です。

味は不味くはないんですけど、カロリーがそんなに変わらないなら普通のキャラメルラテとか、ココナッツミルクとか購入すればよかったかな。

まったり感が欲しくてクラッカー食べてしまっていますしね。

夕飯はダイエットシェイクの予定。

祖父の夕飯も購入してきました。

料理はしないの?と思われそうですが、しませんね。

台所に立つことはほとんどありません。自分のために料理をしたいとおもわないので。

祖父もいますけど、作るより買ってくる方が良いな、という感じです。

コンビニの商品ならカロリーも基本表示されているので自分で作るよりも安心なのです。

前にも書いたかもしれませんが、私は食事に興味がありません。

咀嚼して嚥下する行為が大嫌いなのです。

ストレス発散に咀嚼する行為が効くなと気付いてからデブの道をまっしぐらに走っていたのですけど、

今はダイエット中なのでそれも我慢していますし。

食事に時間を割くくらいなら寝ていたいのです。

料理も同じ。

そんな感じのダメ女です。

作れないわけではないんですよ。

みそ汁も、カレーもシチューも、作れます。

作らないだけ。

窮地に立たされたら頑張ろうと思います。

でも、近所にコンビニが出来てしまったし、コンビニで食事を購入する日々の方が痩せるのですよね私の場合。

一時期、看病のため祖母と私と日々交代で病院に泊まるという生活をしていた時に毎日のようにコンビニご飯で生活していたのですけどその時は痩せたのです。

看病といっても部屋にいるだけなので運動をしていたわけでもないですし、食欲もバッチリでしたけど

サラダ中心の食事にしてみたら効果があったのですよね。

デザートも買ってましたけど。

そんな訳で、コンビニには信頼感があります。

カロリー表示されているという安心感が何よりも強い。

あとは自分がどれだけ我慢できるかですよね。

無駄なものをカゴに入れない強い精神。

コレが一番大事だと思います。