藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。気分変調症と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

そういえば

最近、てるの事を書いていなかったなあと思ったので書いてみようと思います。

てる、私が拾ってきた野良猫です。

ガリガリのやせっぽちでしたが最近はどちらかと言うとおデブ化してきているようにも思えます。

先住猫の分も食事をよく食べるのです。

更には人の食べ物も貪欲に食べるのでまあ太るよね、という感じです。

以前は外に出て帰ってこないと心配することもありましたが、もう家を覚えたようで

外に飛び出しても帰ってきます。

そこら辺の心配はなくなりました。

ただまだ避妊手術をしていないので春先はそういった意味では心配なのです。

が、多分子供だし妊娠することはないのかなあ。

先住猫は大きい猫ではないのですけれどそれと比べてもまだ小さいので手術はもう少し大きくなってからだね、と祖母と話したりはします。

兎に角元気すぎて困る事ばかり。

相変わらず先住猫を追いかけまわしていますし、この前も花瓶を倒して割りました。

玄関に飾ってある花の活けてある花瓶も倒し、中の水が絨毯にこぼれ、花瓶は割れませんでしたがビショビショになってしまった事もありました。

てる自身が外で走り回り泥だらけで帰ってきたこともあります。

四肢が白いので汚れが良く目立ち、手足を茶色く汚してくることなんてしょっちゅうです。

毛づくろいは苦手なのか分かりませんが顔周りが汚い事もしょっちゅう。

それでも元気なのです。

まあ、良い事かな。

という事で、これが最近のチビ助てるです。