藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。気分変調症と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

その1

体重53.4kg

昨日は食事はそこそこで運動はあまり頑張れなかった日でした。今日はその分も頑張りたいです。プランクダッシュの回数を多めにしてみようかなあ。

もものあたりに筋肉痛を薄っすらと感じています。でも別に動けない程痛いわけではなく。本当に薄っすら。

腕はあまりきていません。平気な感じ。

肩のあたりがちょっと痛い気もしますけど、この程度ならもっとプランクダッシュ出来ると思うのです。

いかに足を先までピーンと伸ばしていられるかが負荷のカギだと気づいてきました。やっぱり辛いと腰が高くなってしまいますからね。そうなるとあんまり効果ないんだろうな、と。

だって同じ1分でも辛さが段違いですからね。辛い方を選んでいきたい。しかし体は正直で楽な体制に逃げていこうとするのです。

いかに頑張れるかが勝負というところ。

 

通販でお茶を買いました。マテ茶です。

ダイエットに効くそうで、以前ペットボトルのお茶で販売されていたものを何度か飲んだこともありまして。割と好きな味だったので購入してみたんです。

実際に自分で淹れてみるとペットボトルのそれよりも焦げた感じの香りや味が強いように思いました。でも飲めないわけではないので大丈夫。

しかしダイエットに効くと言っても、南米の方の方達の肉食の生活にこのお茶でダイエット効果、という感じなので私の食生活を見てみるとあまり大きな効果はないのかもしれない。

調べてみたら他にも色々とダイエット効果もあるみたいですけど。

デメリットもあるのですよね。まあ何事にもあるんでしょうけど。

カフェインがどうとか、色々。頭に入っていないので詳しく書けませんけど。

今まで飲んでいた紅茶と合わせてその日の気分で飲むお茶は選択していく予定です。

家にあるストックとしては、紅茶とペパーミントティー、マテ茶です。緑茶もありますけど水筒にホットで作ると色が変わってしまうのであまり向いてない。

 

マテ茶、上にも書いたようにネットで買ったものでお安く手に入ったと感じているので損をしたとも思わないですけど一つ文句が。

パッケージも可愛げが無く、本当に必要最低限の梱包。送料もかからずとても好感がもてます。

が、説明文書が無いのです。本品だけ封筒に入ってくるならいいのですけどお店のチラシが一枚。

いかにこの会社が商品を安くするために努力をしているか、とか。ネットショップで人気がある、とか。

そんな事はどうでもいいのです。

それよりも入れるべきはお茶の淹れ方の説明書ではないのか!

マテ茶を淹れるのにはどれくらいの温度のお湯がいいのか、とか。ポットで何分蒸すのがベストなのか、とか。

まあ、ネットで調べれば済む話なのかもしれませんけどでも本当にいい会社と言うのならそれくらい入れてくれたっていいじゃない、と思うのです。

紅茶だってパッケージに美味しい淹れ方が書いてあるのだから、マテ茶だって教えてほしいのです。

商品のパッケージがシンプルなのはいいのです。だからこそ、紙一枚入れてくれても良いじゃない、と。

 

と言うちょっとした文句でした。

 

そしてタイトルにその1とあるという事はその2があるという事です。