藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。気分変調症と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

みっかん

豊作です。

我が家の庭の蜜柑。

去年はこんなに食べなかった気がする。

貰い物とかありますけどね。

自宅産の物。

豊作の年に当たったのか、毎日蜜柑3つは食べています。

なかなかの美味しさです。

家で作れるなら嬉しい限りですよね。ビタミン等々摂取していきたい。

 

さて、昼間テレビを見ていて情報番組(だったかな?)で特集していたことが気になったので記事を書いています。

というのも、小学生の脱毛について。

今はサロンでやってくれるんですね。私が小学生だった頃はそんな事なかったように思うのですけど。

でも、確かに高学年になると気になり始めますよね。

私は絶賛セルフ脱毛中なので余計に刺さる内容だったのですけど。

毛深い部類に入るであろう私は多分小学生の頃からカミソリ使って除毛してました。

夏場なんて最悪でしたね。プールの時間とか。

露出が多くなるとその分気になりますから。

脱毛したい、と友達と話題にした事もあったとおもいますけど、でも現実的な話ではなく。もっと大人になって、というのが大前提にあったと思います。

今は、小学生でも施術してくれる時代なんですね。

脱毛始めて、体毛が薄くなって、カミソリでの処理も徐々に楽になってきている事を実感している身としては、もし子供が出来たら、それで子供が望むなら、と考えてしまいます。

まあ、賛否両論あるでしょうけど。

あと、気になったのが化粧の話。中学生は化粧していて普通なの?小学生でもしている?

私自身は高校生になってもすっぴんでした。ちゃんと化粧し始めたのは20歳頃から。

つまり10代の間は化粧とは無縁の生活でした。

母が化粧をする人ではなかったので、その影響も大きいと思いますけど。

私が個人的に、もし女の子の子供が出来たら、と考えている事があって。

それは、ヒールのある靴は中学生になってから。化粧は高校生になってから。と言うもの。

これはもし母親になったら徹底していきたい事なのです。私自身もヒールのある靴は中学生以降から履き始めたし、化粧に関しては上に書いた通り。

ヒールのある靴って確かにとても憧れます。大人っぽいというか。ハイヒールがいい例でした。

でも、子供の成長にはあまりよくない、と私も親から履く事を許可されたのが中学生くらいだったと思います。

嫌なルールではなかったと感じているのでこのような事思うのでしょうけど。

ヒールも化粧も大人になればいくらでも出来る事で。

化粧に関しては嫌でもしなければならない時が来るでしょうし。

小さい子が大人びた服を着ているのも私はあまり好かないので、その歳に見合った様なものを着て欲しいと思ってしまいます。

まあ、自己満足と言われてしまえばそれまでですし。そもそも妊娠すらしていない身でこんな事つらつら書いているのもどうかと思いますけど。

婚活し始めて、子供が欲しいとも思い始めて、色々考えてます。