藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。気分変調症と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

何度も見てる、それほど好き。

体重53.2kg

うーん。ドーナツのせいで増えたというよりも、昨日は運動しなかった。昼間も、夜も。勉強したり、他のことしてて運動しなかったなあ、と今朝になって思いました。

その分今日は頑張りたい。

 

で、朝ごはん直後からエリザベート見ながらステッパー。

因みに見たのは井上さんがトートをされているバージョンのやつです。多分、ブラック。

一幕ステッパーしながら見終わりまして。一時間ちょっとの運動となりました。

こんなに続けてステッパー踏むのは初めてかもしれない。でも、全然苦痛じゃなかった。楽しくて仕方なくて、このまま二幕目も続けてみてしまおうか、と思う程でした。

エリザベート、私は一幕をよく見ます。なんとなく見たいなあと思って見たいシーンだけチャプターで選んで見たりするのですけど。

一幕は冒頭からお見合いのシーン、結婚式のシーン、と好きな場面が立て続けにあるので個別に選択することなく続けて見てしまいます。勿論、二幕が面白くない訳では無いのです。好きなシーンもあります。けど、なんだか一幕を選びがち。

何度も見ていると、やっぱり好きな人を目で追うのですけど、なんとなくいつもと違う場所に目を向けて新しい発見があったりして楽しいんですよね。これが舞台をDVDで見る楽しさだと思っています。

お見合いのシーンでお茶を飲もうとして、熱っとシシイがリアクションしているところが地味に好きで、可愛いなあ、と思ったりしてます。細かいところかもしれませんけど。

でも、舞台上の隅から隅まで皆さんそういう細かい演技をされてるんですよね。そういうものを新しく見つけられると嬉しいのです。

生で舞台を見れない分、DVDを買ったのだから、最大限に楽しもう、というやつです。

 

そういえば、宝塚の月組さんのエリザベートの主な配役も決まったようですね。美弥さんのフランツ見てみたいなあ。

私がエリザベートを初めて見て好きになったのは花組さんの、明日海さん主演の公演の映像だったのですけど、北翔さんのフランツの温かさが大好きで。トートよりもフランツ素敵!と思ったのです。美弥さんがどんなフランツを演じられるのか、見てみたいなあ。