藍色日記

LGBT当事者のとわ子の呟きです。精神病患者でもあります。気分変調症と診断されていますが本当のところはどうなんだろう。

1から。

バレットジャーナルって知ってます?

私、今日知りました。

 

何かと言うと、一から手造りするスケジュール帳の事です。

このバレットジャーナル、少しルールがあるのですけど、そのルールを守ればどんなノートでもスケジュール帳に早変わり。

しかも、日記とかToDoとか、色々な役割を果たしてくれる万能ノートになるとの事。

 

YouTubeでスケジュール帳について色々と動画を探していたんですけど、そこで偶然見つけた動画に驚きました。

普通のノートがあっと言う間にお洒落なスケジュール帳(バレットジャーナル)に変身。

もちろん動画は早送りされているので数分で出来るものではないですし、お洒落に出来るどうかは作り手の腕にかかっているのですけど。

イラストとか得意な人は上手に作れそう。あと、スクラップが得意な人とか。

 

本当に驚いたんです。

私の意識としては、システム手帳で自分に合ったスケジュールを作ってみようと考えていたところなので、1から作り出すという発想に憧れを抱いております。ハードル高そうだけど。

同じ動画を何回も見返してしまいました。それくらいの感動。

私としては、システム手帳をまず作ってみて、自分に必要なページだけを作って残して、私に合ったスケジュールを作ろう、という感じでいます。

スケジュール帳上級者の方々の動画など見て勉強して、必要だなと思ったものだったり、こうしてみよう、というアイデアをメモしています。

手帳に自分が合わせるのではなく、手帳を自分に合わせるという発想がここ数日で驚いている部分でもあるので、そこを上手く自分のスケジュール帳にいかして、来年のスケジュール帳ライフを良きものにしたいです。

 

ドットだけ印刷されている紙買ってきて、マンスリーのカレンダー作ってみようかなあ。

とか

デイリーのページはその日その日に合わせて作っていけばいいかなあ。

とか

ふわふわとアイデアは浮かんでいます。実現できるかは謎ですけど。

どうしても欲しいページの一つに、ヘルスチェックカレンダーがあります。

これは、今使っているスケジュール帳についているものなんですけど。これが割と役に立つのです。

スマホのアプリで管理してはいるんですけど、紙に記録しておくと見やすい。数か月とかデータが溜まっていくと凄く良いのです。なので、これに関しては手造りしてでも来年のスケジュール帳に組み入れたいものになっています。

デイリーとかも自由に作っていきたい、と考えるとやっぱりシステム手帳が向いているのかなあ。気分としてはそちらに向いています。まあ、買ってみて、半年使ってみて、という部分も多々ありますけど。

そもそも、まず手に入れなければ話にならないので。売っているだろうか、こんな中途半端な時期に…。

100均で手に入れられなければネット購入だろうか…。でも、安いからお試ししやすいのであって、お高いやつ(送料とかかかりますよね)をわざわざ買うのは違う気がする。

ま、土日で手に入れられなければまた何かしら考えます。

 

スケジュール帳についてこんなに考える日々は初めてです。しかし、楽しい。